[宗教②]仏教: た行

[宗教②]仏教

仏教関係の知識を整理して仏教ワールドを構築するためのサイトです。仏教用語集。

た行

「た行」カテゴリのコンテンツ

た行」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 5 ページあります。

  1. 陀羅尼(だらに)

    (複製)陀羅尼とは 陀羅尼の定義・意味 陀羅尼(だらに)とは、サンスクリット語のダーラニーの音訳で、サンスクリット語の呪文(マントラ)の長いもの、または、陀羅尼を読誦することで得られる効果をいう。 陀羅尼は翻...
  2. 転法輪(てんぼうりん)

    (複製)転法輪とは 転法輪の定義・意味 転法輪(てんぼうりん)とは、仏が教え(仏法)を説くことをいう。 転法輪の語源・原義・語誌 転法輪は、法輪を転ずること、つまり、法(仏法)の輪を回す、という意味である。 ...
  3. 天龍八部衆・天竜八部衆(てんりゅうはちぶしゅう)

    (複製)天龍八部衆とは 天龍八部衆の定義・意味 天龍八部衆(てんりゅうはちぶしゅう。天竜八部衆とも表記)とは、仏教の守護神とされる次の8の神・龍をいう。 天(=神)竜(龍・竜神・龍神・竜王・龍王)夜叉(やしゃ...
  4. 忉利天(とうりてん)

    (複製)忉利天とは 忉利天の定義・意味 忉利天(とうりてん)とは、六欲天(ろくよくてん)のうち、下から2番目の第二天をいい、須弥山(しゅみせん)の頂上にあり、帝釈天(たいしゃくてん)が住んでいる天界をいう。 ...
  5. 兜率天(とそつてん)

    (複製)兜率天とは 兜率天の定義・意味 兜率天(とそつてん)とは、六欲天(ろくよくてん)のうち、上から3番目の第四天をいい、須弥山(しゅみせん)の頂上のはるか上空にあり、弥勒菩薩(みろくぼさつ)が住んでいる天...


関連コンテンツ

「た行」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「た行」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー